ヘッドライトの黄変、白濁を長期間防ぐ

ヘッドライト プロテクションフィルムを貼ることで、黄ばみや劣化からヘッドライトを守ります。
その差は一目瞭然で、公共の試験機関でも下記のような結果が出ています。

サンシャインウェザーメーターによる実証実験

日常の環境を擬似的に作り出すサンシャインウェザーメーターという特殊な機械によって、5年に当たる時間、ヘッドライトにフィルムを貼った部分と貼らない部分で試験を行いました。 その結果、フィルムを貼り付けた部分は透明ですが、貼っていない部分は激しく黄ばんでいることがわかります。

紫外線カット率

ヘッドライトの黄ばみを作る最大の原因は紫外線による影響です。ポリカーボネートやそれを保護するために塗られているハードコートは、紫外線によってその組成が攻撃されて変質し、黄ばみや曇りが発生してしまいます。 ヘッドライト プロテクションフィルムは、フィルム自体が紫外線を90%以上カットすることで影響を防ぎます。 フィルムがどのくらい紫外線を遮るのかJIS規格に基づいた紫外線透過率測定を行うと驚くべき結果が

※JIS S3107(自動車窓用フィルム)の試験方法による実測値

これはほとんど紫外線を通さないと言うことです!

飛び石やキズによるダメージを防ぐ

ヘッドライト プロテクションに採用するフィルムは高品質ポリウレタンを150ミクロンの厚みで成型した耐キズ性に優れたフィルムです。その耐性は、時速200kmでの走行を再現した専用装置でのテストにおいてもフィルムが飛び石のダメージを吸収し、パネル本体にはまったくキズがつかないことを実証しています。

走行速度約200km/hの環境を再現したグラベルメーターによる物理的耐性テスト

ヘッドライト プロテクションに採用するフィルムは高品質ポリウレタンを150ミクロンの厚みで成型した耐キズ性に優れたフィルムです。その耐性は、時速200kmでの走行を再現した専用装置でのテストにおいてもフィルムが飛び石のダメージを吸収し、パネル本体にはまったくキズがつかないことを実証しています。

日常的に蓄積する汚れを防ぐ

ヘッドライト プロテクションフィルムは、無黄変、高透明のTPUポリウレタンを基材として表面に特殊なフッ素加工を施した汚染防止コート層を有しています。また、ヘッドライトの素材であるポリカーボネートや表面のハードコート塗装への適性を考慮したアクリル系粘着剤を採用し最適化しています。

ヘッドライト プロテクションフィルムの構造

日常の環境を擬似的に作り出すサンシャインウェザーメーターという特殊な機械によって、5年に当たる時間、ヘッドライトにフィルムを貼った部分と貼らない部分で試験を行いました。 その結果、フィルムを貼り付けた部分は透明ですが、貼っていない部分は激しく黄ばんでいることがわかります。

作業工程

施工液等がボディーに付かないようヘッドライトの周りはしっかりと養生して作業を行います。

当店で取り扱うプロテクションフィルムはすべて車種ごとにカットされたフィルムを使用いたします。

車種ごとに手順は異なりますが施工液をしっかり抜き取りながら張り込んでいきます。

完成後は自然な仕上がりとなり150μもの分厚いフィルムが貼り込んであることはほぼ気が付かないと思います。

端もしっかりと決まっております。

施工例

casestudy

ヘッドライトプロテクションに関するFAQ

フィルムを貼っても車検は通りますか?
本製品は無色で高透明な無黄変ポリウレタンフィルムを使用しております。弊社で行った車検の保安基準による光量試験において、車検に通る結果を得ています。
※フィルムの使用環境やお手入れの状態によって光量が保てなくなる場合がありますが、その際はフィルムを剥がすことで元の綺麗な状態のヘッドライトに戻りますので車検に対応出来ます。
経年劣化したヘッドライトでも施工可能ですか?
ヘッドライトが綺麗な状態で施工を行うことを前提としております。ヘッドライトに黄ばみや劣化が見られる場合には、先にレストア作業を行いますのでご安心ください。
ヘッドライトのフィルムは自分で剥がせますか?
通常の使用や洗車機などでも剥がれない密着性を持っています。ご自身で無理に剥がすと糊が残ったりハードコートにダメージを与える可能性がありますので、当店にご相談ください。
コーティングかプロテクションか悩んでいます
お客様のお車の状態や、将来的にどうケアしていきたいのかでも違ってきます。 両方のお見積もりを出すことも出来ますので、お気軽にご相談ください。

プロテクションフィルム 価格

以下の事をご了承頂いた上で作業を行わせていただきます。ご確認ください。

*作業上フィルムを引っ張りながら位置の微調整を繰り返して貼るために円状やスジ状の糊の 跡が入ることがあります。糊の跡(通称:糊ズレ)が出る場合、全くできない場合の判別は作業前には分かりません。また仮に出たとしても個人差で全く気が付かない。または気にならない場合もありますし、逆に 微細な糊ズレであっても気になる場合もあるかもしれません。プロテクションフィルムの糊ズレに関しては車種や形状によっては作業上どうしても出てしま う場合もあるという事をご了承ください。

*プロテクションフィルムの施工後 1 か月以内に剥がれ等の不具合が出た場合におきましては貼 り直しを含めた対応をさせていただきますが、1か月以上経った場合におきましては保証外となります。

*黄ばみや白ボケ等ヘッドライトの下地処理、ドアステップの等のクリーニングが必要な場合は別途となります。

ページ上部へ